(朗報と御礼)埼玉県宮代町より 迷子の老犬の飼い主さんがお迎えに来てくれました!


こんにちは!
皆様へ早速ご報告をさせて下さい。
老犬の飼い主さんが見つかりました。
先程警察の方にお迎えに行ってくれたそうです!!!

多くの呼びかけ、多くのご協力いただき、皆様いつもありがとうございます。ブログを通じてではありますが、とても感謝をしています。

老犬と出会い保護して警察へと届けてくださった方も、とてもとても喜ばれていました!本当に良かったです。
(保護してくださった方は、昨日も出来ることをと早速にポスティングやポスターと行動してくださった思いと行動に改めて頭が下がります。)

運良く気にかけてくださる方に出会え保護してもらえたラッキーな老犬、さらに多くの皆様との協力で飼い主さんに繋げられたこと、ハッピーにしてあげられて嬉しいです。


飼い主さんはどんな方か分からないけれど、お迎えに行ってくれたかたです。これを機に顔の見えない善意に感謝するとともに今以上に大切に、老いた愛犬を気遣いながら暮らしてくれると思います。

先の飼い主さんを探すブログには大切に思うことを書きました。まだ読んでない方にも読んでもらえたら幸いです。


何度でも言います。保護して警察に届けることは尊い善意です。大切なことです。

これを悪く言われる方々がいますが、飼い主のひとりとして、このキッカケがあるかないかで不注意で逃してしまった犬の居場所が分からず、どこを探せば分からず途方に暮れます。

迷子の犬と出会い警察に届けてくれること、このひとつの善意で事故などの不幸を防ぎ再会のチャンスとなります。これは目撃情報を警察や動物愛護センターに連絡してくださることも含めてです。

今回の老犬も心からの心配という差し伸べた人の優しさが救えて命です。
そして私たちも少しの間、一緒に声をあげることができた結果だと思います。

犬を思う様々な心配を感じる心
飼い主として愛犬を思う心
心に感じる気持ちは同じ。

殺処分される多くの犬や猫たちには、飼い主がいます。しかし、飼い主を示す明示が守られていません。

犬や猫などのペットを飼う際に定められ、推奨され、地域の条例にされている法や義務などのルールさえ守ってくれたら「殺処分」が、どれだけ減るか考えてほしいです…
持ち込まない、捨てない、迷子にしない、飼い主次第で不幸を防げる事を広く知らせるように伝えていきたいです。迷子への関心と正しい理解を深めていきましょう。

犬が無事に保護されたとき、警察に届けてもらえた時は、その地域の市民の皆様、少しでも多くの皆様に届くように情報拡散を協力し合いましょう。


今も言葉が話せない犬たちと飼い主さんが離れ離れとなった瞬間が起きています。

私も含めて皆様、これからも何処かで迷子を見かけたら声かけて保護をどうか宜しくお願いいたします。

私も私の地域で頑張ります。
皆様も皆様それぞれの地域で迷子の足を止めてあげられる保護をお願いします。1人から、2人へとへと善意という優しさを広めて行きましょう。

殺処分に目くじら立てて発狂するより、こうして殺処分を防ぐための協力の輪を繋いでいきませんか。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
Lovely days CHIKA'S MIND TRIP



0コメント

  • 1000 / 1000