不起訴

判決をくだすことは重い責任がある。
この子達に向けて、その言葉が言えるのでしょうか。その場にこの子達を同伴させていただきたいとさえ思った。

この子達に向けて、君たちのされたことは、と明確に伝えてほしいです。


福井県内の動物販売業者が一時犬猫約400匹を過密飼育、繁殖し「子犬工場(パピーミル)」状態だったとされる問題で、福井地検は7月23日、動物愛護管理法違反(虐待)容疑で福井県警坂井西署が書類送検した法人としての業者と、代表者の40代男性、飼育員2人を不起訴とした。地検は理由を明らかにしていない。

一方、福井区検は同日、狂犬病予防法違反(登録不申請、予防注射不接種)容疑で書類送検された業者代表の40代男性を同罪で略式起訴した。

福井簡裁は同日午後4時現在、罰金などの命令を出していない。
告発状は3月、公益社団法人日本動物福祉協会(JAWS、本部東京)が提出。坂井西署は5月に書類送検した。

不起訴となった動物愛護管理法違反(虐待)について、告発状などによると、代表男性と飼育員らは昨年12月、坂井市の動物飼育施設で、犬猫385匹を狭いケージに入れたり、コンクリートブロックのマス内に50匹以上の過密状態で入れたりし、悪臭がするなどの劣悪な環境で飼育する虐待を行ったとされる。

また、地検によると略式起訴内容は、代表男性は飼育していた犬のうち7匹について法律上の期限までに坂井市長に登録申請しなかったとされる。

7匹のうち1匹は期限までに予防注射を受けさせなかったとされる。
福井地検の中山博晴次席検事は処分について「捜査の結果や証拠に基づいて判断した」としている。

じゃぁ、虐待は犯罪としてるのに、何が「虐待」にあたると言うのか明確にしてほしい。

適切な飼育、適正飼育とは、何なのですか?
これは適切な飼育?
これは適正飼育?
虐待ではないと言えるの?
この一言に尽きます。


子供がこんな風に吊り上げたら?
動物、犬だからいいの?
いいわけないですよね。

こんなんばっかしじゃんか。
これじゃ、犯罪が減るはずないよ。
どこを法は守ってるの?
誰のための法なのですか?

これじゃ、飼い主の義務や責任といくら言っても、不透明すぎる動物愛護法なんて見下されるよ、犯罪と声をあげていっても誰も守るはずないよね。逆に、酷い犯罪してるほうが守られていたら可笑しな話だよ。

資格を与えた側にも責任の一端はあるはず、福井県の立ち入りや指導が杜撰だったはず。県に任せておけない、ならば、市による条例で二度とこのような事態を引き起こさないように細部までルールを作ることを考えてほしい。
すぐに・・・

2018年3月1日 午前7時20分の上の記事には、まるで地獄と表現されている、これが「適正飼育」だったと言えるのでしょうか。虐待にあたらないと言えるのなら、個人的な意見ですが、このような県の認識は恐ろしいものですね。


Lovely days CHIKA'S MIND TRIP

DOJINBARの女将さん 一日一楽

BLOG story,1 - 共生を考える はじめます。犬と生きる素晴らしい暮らしのために、私たち飼い主とは何か、求められているものを思い、考え、伝えて、皆さんと考えあっていきたい。 動物愛護の最後の砦は「飼い主」であるべきです。 Spell my thoughts Lovely days CHIKA'S MIND TRIP

0コメント

  • 1000 / 1000